アルピナウォーター

天然水

なぜ、天然水ではいけないのか?
どなたでも、どんなときでも、安心してご利用いただきたいからです。
販売されている水の中でも、さまざまな種類の水が存在します。
井戸水をフィルターに通したもの、水道水をフィルターに通したもの、アルピナウォーターのように、天然水をフィルターに通したもの、そして、通さず天然水そのままのもの。
天然水
なぜ、フィルターに通したのか?
アルピナウォーターはピュアウォーターとして仕上げたかったので、
天然水をさらにフィルターに通しました磨きのかかった水と表現しています。
そのままでも、十分美味しい名水を、さらに、活性炭フィルターと3ミクロンのフィルターを通して除去。
さらに1/1000ミクロンという超高密度の逆浸透膜と呼ばれるフィルターを通して、
細菌や、それより何十倍も小さなウィルスすら除去し、ようやく完成します。
だから、溶解率が高く、赤ちゃんに与える粉ミルクなどの成分(栄養成分)を損なわず、安心してお使いいただけます。

アルピナウォーター製造工程
天然水

リーズナブル

12リットルボトル995円(税込)、サーバ代1ヶ月600円(税込)
12リットルボトル995円(税込)という業界屈指のリーズナブルな価格設定
サーバー代は、1ヶ月600円(税込)宅配料は無料
電気代は1ヶ月にボトルを4本お使いの場合で、1ヶ月およそ約1,000円程度です。
稼働時の音はおよそ一般的な冷蔵庫と同じくらいです。
未開封の状態で、直射日光に当てず常温で保存すれば、12ヶ月は安全にお飲みいただけます。
停電時でも、常温でお水を使用することができます。(冷水温水機能は除く)

ライフスタイル別1ヶ月の使用量おおよその目安

清潔・環境考慮

清潔を保つため、徹底した管理
ボトルを洗ってから密封するまでをクリーンルームの中で全自動で行うことで、異物やばい菌の混入する可能性を極限まで排除しています。

万が一製造中のクリーンルームに人が入ってしまった場合は、製造中のボトルの中の水を全て捨てて、ボトルの洗浄からやり直します。
また、クリーンルーム内のクリーン度を確保するため、20分待ってから水の充填を開始する規則になっています。
天然水
ボトルは回収し、徹底した管理化でエコ再利用
ボトルは無料回収し、小さなヒビや割れを機械で検査した後、目視で異常をチェックします。
全自動ラインで、ピュアウォーターによる超高圧洗浄後、オゾン入りのピュアウォーターで徹底的に殺菌。
洗浄には化学薬品なども使用しません。
天然水

その他

ご注文方法について